軽減申請について

長谷川国際特許事務所は独創性のあるテクノロジーで、
未来のリーダーカンパニーを目指す企業のチャレンジ精神を応援しています。

大学等の研究者及び大学等について出願審査請求料及び登録料(1~3年分の特許料)が軽減される場合

(1)大学等の研究者

<以下のa、bの要件すべてを満たすことが必要>
a: 当該発明が大学等研究者がした職務発明であること
b:以下のいずれかに該当する者が発明者であること
①大学の学長、副学長、学部長、教授、准教授(助教授)、助教、講師、助手若しくはその他の職員のうち専ら研究に従事する者
②高等専門学校の校長、教授、准教授(助教授)、助教、講師、助手若しくはその他の職員のうち専ら研究に従事する者
③大学共同利用機関法人の長若しくはその職員のうち専ら研究に従事する者

(2)大学等

学校教育法第1条に規定する大学・高等専門学校又は国立大学法人法第2条第3項に規定する大学共同利用機関法人(以下、これらを「大学等」という。)

①大学等研究者から特許を受ける権利を承継した大学等

<以下のa、bの要件すべてを満たすことが必要>
a : 当該発明が大学等研究者がした職務発明であること
b : 大学等研究者がした職務発明を当該大学等研究者からその大学等が承継したこと

②大学等研究者が移籍前の研究機関*でした職務発明を承継した大学等

<以下のa、b、cの要件すべてを満たすことが必要>
a : 当該発明が大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明であること
b : 大学等研究者がその大学等に現在所属していること
c:当該発明をその大学等が承継したこと

③大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同発明を承継した大学等

<以下のa、b、cの要件すべてを満たすことが必要>
a : 当該発明が大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同で行われたものであること
b : 当該発明が大学等研究者について職務発明であること c : 当該発明を大学等が承継したこと

④大学等研究者が移籍前の研究機関*でしたそれ以外の者との共同発明を承継した大学等

<以下のa、b、c、dの要件すべてを満たすことが必要>
a : 当該発明が大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同で行われたものであること
b : 当該発明が大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明であること
c : 大学等研究者がその大学等に現在所属していること
d : 当該発明を大学等が承継したこと

⑤大学等研究者がした職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等

<以下のa、bの要件すべてを満たすことが必要>
a : 以下の1)~3)のいずれかに該当する
1) 大学等研究者の職務発明にかかる特許出願の出願当初明細書に、当該発明が文献公知発明として記載されている
2)当該発明にかかる特許出願の出願当初明細書に、大学等研究者の職務発明を文献公知発明として記載している
3)大学等が行った共同試験研究又は大学等が外部機関へ委託した試験研究で生じた研究成果である
z : 当該発明を大学等が承継したこと

⑥大学等研究者が移籍前の研究機関*でした職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等

<以下のa、bの要件すべてを満たすことが必要>
a : 以下の1)又は2)のいずれかに該当する
1) 大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明にかかる特許出願の出願当初明細書に、当該発明が文献公知発明として記載されている
2)当該発明に係る特許出願の出願当初明細書に、大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明が文献公知発明として記載されている
b : 当該発明を大学等が承継したこ
と c : 大学等研究者がその大学等に現在所属していること

※研究機関=大学等、試験研究独立行政法人、公設試験研究機関、試験研究地方独立行政法人

<<軽減申請に必要な書類>>

(1)大学等の研究者(発明者=出願人)

(2)大学等

①大学等研究者から特許を受ける権利を承継した大学等

②大学等研究者が移籍前の研究機関でした職務発明を承継した大学等

③大学等研究者と大学等研究者以外の者との共同発明を承継した大学等

④大学等研究者が移籍前の研究機関でしたそれ以外の者との共同発明を承継した大学等

⑤大学等研究者がした職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等

⑥大学等研究者が移籍前の研究機関*でした職務発明と密接な関係がある発明を承継した大学等